出雲と大和(東京国立博物館)

東京国立博物館へ。

2020年1月15日(水)~2020年3月8日(日)の間、日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」が開催されている。

2020年(令和2年)は、日本最古の正史「日本書紀」が編纂された720年(養老4年)から1300年。

日本書紀の国譲り神話によると、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽」(人間の能力を超えた世界、神々や祭祀の世界)を、天皇は大和の地で「顕」(目に見える現実世界、政治の世界)を司るとされていて、古代では出雲と大和は「幽」と「顕」を象徴する場所として重要な役割を担っていた。

「幽」と「顕」を象徴する地、島根県奈良県東京国立博物館と共同で開催した展覧会が「出雲と大和」で、出雲と大和の名品を一堂に集めて、古代日本の成立やその特質を紹介するよう。


心御柱と宇豆柱(出雲大社本殿を支えていた柱とされている)の大きさと、銅剣、銅鐸、銅矛の多さが、印象的だった。



過去の博物館・美術館