京都 桜4 金峯神社・吉野水分神社・吉水神社・金峯山寺・東寺

4泊5日の京都旅行、4日目。

 

7時14分に京都駅発の近鉄京都線で約70分、8時25分に橿原神宮前に到着。

8時30分に橿原神宮前駅発の近鉄南大坂・吉野線で約50分、9時22分に吉野駅に到着。

 

吉野町「日本で最も美しい村」連合に加盟している。

「日本で最も美しい村」連合

 

そして、吉野山金峯山寺、吉水神社、吉野水分神社金峯神社が、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている。


奈良県には「法隆寺地域の仏教建造物」(日本初)と「古都奈良の文化財」の世界遺産もある。


 

9時40分に近鉄吉野駅発のバスで、如意輪寺前を経由して、9時55分頃に吉野中千本公園に到着。

10時05分に竹林院前発のバスで約10分、10時17分に奥千本口に到着。

 

桜がまだなのに奥千本に行く人が多くて驚いた。

金峯神社から西行庵。

 

春は猶 吉野の奥へ 入りにけり 散るめる花ぞ 根にぞ帰れる

花の色の 雪の深山に 通へばや 深き吉野の 奥へ入らるる

 

西行庵付近は電波が無かった。

苔清水、四方正面堂跡、安禅寺蔵王堂跡、宝塔院跡、報恩大師修行之霊跡、義経かくれ塔と見る。

途中、危ない道があった。

 

高城山展望台(休憩所)。

下ってすぐに仏像あり。

 

吉野水分神社世界遺産)は趣がある。

花矢倉展望台からは絶景。

 

奥千本と上千本の桜はまだ咲いていなかったが、中千本に近づくにつれて、徐々に咲いてきた。

 

御幸の芝も良い景色。

12時にさくらの音楽が流れた。

さくら~さくら~。

 

12時05分、竹林院前に戻る。

竹林院は大和三庭園の一つらしい。

公式サイトが一番お得。ベストレート保証・吉野山 旅館 竹林院群芳園 「公式サイト」

 

櫻本坊水子地蔵尊(国宝?)と千体地蔵菩薩が綺麗。

重要文化財の釈迦如来坐像が特別開帳中。(見ていない)


五郎平茶屋付近に建武中興六百年記念碑。

勝手神社は平成13年に不審火により焼失したようで、再建復興寄付のお願いがされていた。

 

横矢芳泉堂の生くず餅を食べる。

吉野葛(よしのくず)のお干菓子を贈り物に。横矢芳泉堂(よこやほうせんどう)

 

吉水神社(世界遺産)は、日本唯一の二礼十七拍手(4,4,4,1)一拝。

源義経後醍醐天皇に関係がある。

北闕門は切ない。

開花はまだだが一目千本も見る。

吉水神社

 

吉野の桜保全活動に寄付したら、冊子(写真集?)を貰った。

東南院は多寶塔と桜が綺麗。

韋駄天山に登って下りて、吉野山ビジターセンターは閉鎖中。

 

金峯山寺蔵王堂(本堂)(世界遺産)では日本最大の秘仏・青の権現 ご本尊特別開帳(1,600円)が行われていた。

金峯山寺は「きんぷせんじ」と読む。

金峯山修験本宗 総本山 金峯山寺

 

吉野朝宮跡(南朝妙法殿)と仏舎利塔宝殿を見て、首から上の守り神 脳天大神へは階段を445段下る。

帰りの上りが大変。

仏像が格好良く、滝場があった。

 

仁王門は保存修理工事中。

銅の鳥居、黒門を見て、ケーブル乗り場を通り過ぎて下る。

下千本展望所?やお野立ち跡?という場所を見つけられずに降りてしまった。

 

吉野町のホームページの吉野山桜開花状況(4月3日9時頃更新)によると、下千本と中千本は「3分咲き」、上千本は「開花」、奥千本は「蕾かたし」。

満開予想日は4月6日頃〜15日頃。

2022年桜開花情報 | 吉野町公式ホームページ

 

 

15時37分に吉野駅発の近鉄南大坂・吉野線で約50分、16時29分に橿原神宮前駅に到着。

16時39分に橿原神宮前発の近鉄橿原線で約70分、17時52分に東寺駅に到着。

 

18時05分に東寺周辺に着くと行列ができていたが、スタッフの方に聞くと入るまで5分くらいと言われた。

東寺の夜桜ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観、素晴らしかった。


入ってすぐの不二桜が圧巻。

五重塔(木造日本一の高さ?)のライトアップと桜とのコラボレーションも幻想的。

夜の金堂、講堂(立体曼荼羅は国宝ばかり)も厳かな雰囲気。

東寺の桜とライトアップは本当に素晴らしく、約2時間も滞在した。

 

 

翌日4月5日はお土産を買って帰るだけ。

京都祇園あのんのあんティラミスと、三昇堂小倉の桜生麩あんみつ。

京都祇園あのん本店 | 京都祇園カフェ

京菓子司 三昇堂小倉 Sanshodo Ogura

 

伊勢丹551蓬莱天津飯弁当を購入。お弁当は初めて。

デザートは藤菜美の茶の露ほろり。

551HORAI 蓬莱 大阪名物の豚まん[肉まん]

藤菜美|古都・京都で愛される伝統のだんご

 


今回は京都の桜の時期としてはベストだった。

そして、仁和寺吉野山の満開を見るためには、時期をずらす必要があることが分かった。

 

 

ようおこし、奈良県 吉野山観光協会

奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット

【京都市公式】京都観光Navi

京都“府”観光ガイド ~京都府観光連盟公式サイト~

 

 

 

2022年03月31日~04月04日 京都旅行