迎賓館赤坂離宮・游心亭

にょろ助赤坂で、うな重並と肝吸。

にょろ助 赤坂 | 際コーポレーション

f:id:tar0xtar0:20220417234613j:plain



丸ノ内線赤坂見附から四ツ谷まで行き、迎賓館赤坂離宮へ。

f:id:tar0xtar0:20220417234620j:plain

 

迎賓館赤坂離宮のホームページの説明

迎賓館赤坂離宮は、明治42年東宮御所として建設された、日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物です。

当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物であり、明治期の本格的な近代洋風建築の到達点を示しています。

第2次世界大戦の後、10数年を経て日本が国際社会へ復帰し、外国からの賓客を迎えることが多くなったため、国の迎賓施設へと大規模な改修を施し、和風別館の新設と合わせて昭和49年に現在の迎賓館として新たな歩みを始め、現在に至っています。』

 

設計者の片山東熊はジョサイア・コンドルの弟子。

創建100年後の2009年に、創建当時の建造物である旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)本館、車寄及び階段附属、正門・塀、東西衛舎、主庭噴水池、主庭階段が国宝に指定された。

明治以降の建物で国宝は、他に富岡製糸場旧開智学校のみ。

2016年(平成28年)に通年一般公開を開始。

 

f:id:tar0xtar0:20220417234654j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234712j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234725j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234741j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234757j:plain

 

12時30分から、和風別館「游心亭」のガイドツアーを予約している。

f:id:tar0xtar0:20220417234637j:plain

 

游心亭のホームページの説明

東宮御所などの設計で知られる建築家、谷口吉郎氏の設計により昭和49年(1974年)に建設されました。 迎賓館本館で執り行われる行事や接遇が洋式であるのに対し、和風の意匠と純日本のおもてなしで諸外国の賓客をお迎えするための施設として利用されます。 日本の「家」と「庭」が持つ美しい特性を感じていただくとともに、お茶・お花・和食などにより、「和」のおもてなしを提供しています。』

 

池には錦鯉がいて、太陽の光が差し込むと廊下の天井に水のゆらぎが投影される。

f:id:tar0xtar0:20220417234812j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234827j:plain

 

続いて本館に入るが、本館も游心亭も内部は写真撮影禁止だった。

本館に入った時にパンフレットを貰ったが、前回は貰っていない気がする。

 

花鳥の間は、七宝焼きが綺麗で、他の部屋と違って周りが木のため落ち着いた雰囲気に感じた。

『天井に描かれた油絵や壁に飾られた七宝焼が花や鳥を題材にしていることに由来しています。

現在では主に公式晩餐会が催されるほか、記者会見の場として使用されています。

七宝焼は、明治を代表する日本画の巨匠・渡辺省亭(わたなべ せいてい)が下絵を描き、七宝焼きの天才といわれた涛川惣助(なみかわ そうすけ)が焼いたものです。』

 

彩鸞の間には、10枚の大鏡があり、部屋を広く見せている。

鳳凰の一種である「鸞(らん)」と呼ばれる架空の鳥のデザインのレリーフがあることから「彩鸞の間」と呼ばれています。

この部屋は、条約の調印式、首脳会談などに使用されます。』

 

朝日の間は、朝日を背にした女神オーロラの天井画に由来している。

壁からはライオンが見ていて、床に敷かれた紫の緞通は47種類の色の糸で織られている。

『賓客のサロン(客間・応接室)として使われ、表敬訪問や首脳会談等も行われる迎賓館で最も格式の高い部屋となっています。』

 

羽衣の間の名前も天井画に由来する。

『雨天時の歓迎式典や晩餐会の招待客に食前酒が供されるところでもあります。

天井画は「虚空に花ふり音楽聞え、霊香四方(れいきょうよも)に薫ず」という謡曲「羽衣」の一節を描いたものです。』

 

参観コースには含まれないため見れなかったが、東の間というのもあるらしい。

 

 

f:id:tar0xtar0:20220417234841j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234853j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234908j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417234601j:plain

 

 

以前、迎賓館赤坂離宮を訪れた時の記事。

浅草

前日、リッチモンドホテル プレミア浅草に宿泊。

シングルルーム18㎡。

f:id:tar0xtar0:20220417200539j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417200555j:plain

 

霜降りRED CLIFFでレッドクリフを食べる。

【オープニングキャンペーン開催】2021年7月15日、霜降りRED CLIFFがOPEN – Dr. Meat

f:id:tar0xtar0:20220417200525j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417200531j:plain

 

デザートは、浅草九重のあげまんじゅう。

あげまんじゅう 浅草九重 | 浅草寺から三軒目。あげまんじゅうの実演販売。

 

浅草寺

聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト

f:id:tar0xtar0:20220417200627j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417200612j:plain

 

f:id:tar0xtar0:20220417200512j:plain

 

 

以前、浅草を訪れた時の記事。

神田明神・湯島聖堂

ホテル八重の翠東京からスタート。

 

庭園(?)からの景色。

f:id:tar0xtar0:20220417171157j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171214j:plain

 

11時07分に八丁堀駅発の日比谷線に乗り、銀座で丸ノ内線に乗り換え、11時22分に淡路町駅に到着。

 

季の庭 別邸 神田店で、鰻重を食べる。

(株)共立メンテナンスの「株主様お食事券」を利用。

春夏秋冬 季の庭 別亭 神田店

f:id:tar0xtar0:20220417171226j:plain

 

歩いて、神田明神へ。

Home|江戸総鎮守 神田明神

f:id:tar0xtar0:20220417171236j:plain

 

神田、日本橋秋葉原、大手丸の内、旧神田市場豊洲魚市場、108町会の氏神で、御祭神は大己貴命(だいこく様。縁結びの神様。)、少彦名命(えびす様。商売繁昌の神様。)、平将門命。

正式名称・神田神社だが、明神さまの名で親しまれている。

 

730年(天平2年)の創建といわれ、1616年(元和2年)に江戸城の表鬼門守護の場所にあたる現在の地に遷座し、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」と称えられてきた。

 

創建から1300年目を迎える2030年(令和12年)をゴールに定めて「文化の鼓動を生む」を合言葉にして、創建の地である大手町の将門塚の改修工事などの「創建1300年記念事業」を展開している。

神田明神1300年事業 - 文化の鼓動を生む。 人と街をむすび、時の文化が響く場所へ神田明神1300年事業

f:id:tar0xtar0:20220417171252j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171310j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171326j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171343j:plain

 

神馬「御幸号」(愛称あかり)はいなかった。

f:id:tar0xtar0:20220417171400j:plain

 

神田明神文化交流館で、お土産にごまだれ餅を購入。

f:id:tar0xtar0:20220417171429j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171451j:plain

 

神田神社東京十社の一つ。

東京十社めぐり http://10jinja.tokyo/
 「一千年の歴史を誇る」芝大神宮 http://www.shibadaijingu.com/
 「新東京八名勝」品川神社 https://shinagawajinja.tokyo/
 「赤坂の鎮守社」赤坂氷川神社 https://www.akasakahikawa.or.jp/
 「皇城の鎮」日枝神社 https://www.hiejinja.net/
 「美しき紫陽花の名所」白山神社 ※公式サイトの記載なし
 「開運除災・子育大願」王子神社 http://ojijinja.tokyo.jp/
 「日本武尊創祀の古社」根津神社 http://www.nedujinja.or.jp/
 「江戸総鎮守」神田神社 https://www.kandamyoujin.or.jp/
 「亀戸の天神さま」亀戸天神社 http://kameidotenjin.or.jp/
 「江戸最大の八幡様」富岡八幡宮 http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

 

東京十社の一つ、赤坂氷川神社を訪れた時の記事。

 

 

神田明神から歩いてすぐの、湯島聖堂孔子廟、神農廟と昌平坂学問所跡)へ。

史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会

f:id:tar0xtar0:20220417171115j:plain

 

1690年(元禄3年)に5代将軍徳川綱吉が湯島の地に聖堂を創建したことに始まり、1797年(寛政9年)11代将軍徳川家斉のときに昌平坂学問所(昌平校)を開設した。

1923年の関東大震災で入徳門と水屋以外が焼失したが、1935年(昭和10年)に東京帝国大学教授の伊東忠太の設計と(株)大林組の施工により、鉄筋コンクリート造りで再建された。この建物が現在の湯島聖堂

 

伊東忠太築地本願寺の本堂も設計している。

築地本願寺を訪れた時の記事。

 

孔子銅像

f:id:tar0xtar0:20220417171831j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171043j:plain

f:id:tar0xtar0:20220417171508j:plain

 

大成殿

f:id:tar0xtar0:20220417171526j:plain

 

 

東京復活大聖堂(ニコライ堂)はコロナウイルス対策のため聖堂拝観が中止だったので、外観を見て帰る。

東京復活大聖堂(ニコライ堂) | 日本ハリストス正教会教団 東京復活大聖堂公式サイト

f:id:tar0xtar0:20220417171134j:plain

旧芝離宮恩賜庭園・浜離宮恩賜庭園

大門駅から芝離宮恩賜庭園へ。

電車内でネット予約済み。

旧芝離宮恩賜庭園|公園へ行こう!

f:id:tar0xtar0:20220416233320j:plain

 

園結びチケットという旧芝離宮恩賜庭園浜離宮恩賜庭園の共通券を購入。

非売品の園結びガイドブックを貰えた。

 

この時に行こうとしたが、芝離宮浜離宮のどちらもコロナウイルスのため臨時休園中だった。

 

 

芝離宮恩賜庭園は、小石川後楽園と共に東京に残る江戸初期の大名庭園の一つで、回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園らしい。

 

1678年(延宝6年)に老中の大久保忠朝が海面を埋め立てた土地を4代将軍家綱から拝領し、その後に屋敷や楽壽園と呼ばれる庭園を造った。藩地の小田原から庭師を呼んだよう。

明治時代に有栖川宮家の所有を経て、明治9年芝離宮となり、1924年大正13年)1月に皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、同年4月に一般公開された。

 

f:id:tar0xtar0:20220416232652j:plain

 

大山からの眺め。

f:id:tar0xtar0:20220416232732j:plain

 

西湖の堤。

f:id:tar0xtar0:20220416232754j:plain

 

石柱。

小田原北条家に仕えた戦国武将の旧邸から運ばれた門柱。

小田原藩上屋敷であったとき茶屋に使われていたと言われている。

f:id:tar0xtar0:20220416232811j:plain



歩いて、浜離宮恩賜庭園へ。

浜離宮恩賜庭園|公園へ行こう!

f:id:tar0xtar0:20220416232851j:plain

 

浜離宮恩賜庭園は、国の特別名勝及び特別史跡

江戸時代は将軍家の鷹狩場で、のちに屋敷が建てられ将軍家の別邸(浜御殿)となり、明治維新後に皇室の離宮浜離宮)となった。

1945年(昭和20年)11月3日に東京都に下賜され、整備のうえ1946年(昭和21年)4月から有料公開された。

 

江戸時代から続く庭園では、都内唯一の海水の池。

東京湾の水位の上下に従って水門を開閉し、池の水の出入りを調節しているよう。

f:id:tar0xtar0:20220416232921j:plain

f:id:tar0xtar0:20220416233007j:plain

f:id:tar0xtar0:20220416233106j:plain

 

鷹の御茶屋

f:id:tar0xtar0:20220416233127j:plain

f:id:tar0xtar0:20220416233144j:plain

 

将軍お上がり場。

鳥羽伏見の戦いの後に、徳川慶喜が大阪から帰還したときに上陸した場所でもあるらしい。

f:id:tar0xtar0:20220416233218j:plain

 

黄色とオレンジの花が綺麗。

f:id:tar0xtar0:20220416232406j:plain

f:id:tar0xtar0:20220416233823j:plain

 

三百年の松。

1709年に6代将軍徳川家宣が庭園の大改修を行った頃に植えられたと言われ、現在では都内最大級の黒松のよう。

f:id:tar0xtar0:20220416232439j:plain

 

 

更に歩いて、築地本願寺を見る。

築地本願寺

 

以前、築地本願寺を訪れた時の記事。

 

築地本願寺からすぐの、たいやき神田達磨 築地店で、羽根付きたい焼きを食べて、かりんとう饅頭と団子をお土産に購入。

たいやき神田達磨

 

今日のホテルは、ホテル八重の翠東京。

モデレートダブル18㎡。

 

f:id:tar0xtar0:20220416232516j:plain

 

たいやき神田達磨 築地店のかりんとう饅頭と団子。

f:id:tar0xtar0:20220416232533j:plain

 

 

旧芝離宮恩賜庭園浜離宮恩賜庭園も含まれる、都立文化財9庭園。
 浜離宮恩賜庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html
 旧芝離宮恩賜庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
 小石川後楽園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html
 六義園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html
 旧岩崎邸庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html
 向島百花園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html
 清澄庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
 旧古河庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html
 殿ヶ谷戸庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index036.html

 

六義園小石川後楽園を訪れた時の記事

三菱の至宝展(三菱一号館美術館)

f:id:tar0xtar0:20220215152359j:plain


三菱の起源は1870(明治3)年に岩崎彌太郎土佐藩から藩船3隻を借り受け、大阪に九十九(つくも)商会を設立したことに始まる。

2020年は三菱グループ創業150周年。

 

コロナによる約一年の延期を経て、三菱一号館美術館で開催されている「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」。

静嘉堂東洋文庫の所蔵する国宝12点が目玉。

今週末で終了だからか平日昼間にも関わらず混んでいた。

 

国宝の曜変天目(稲葉天目)は、完品としては世界に三椀しか現存していない曜変天目のうち、内部に浮かび上がる宇宙のような模様「星紋」がもっとも鮮やかにあらわれているよう。

f:id:tar0xtar0:20220215152412j:plain

 

「おかめ」の面は、かつて岩崎彌太郎によって三菱商会の店頭に掲げられたもの。

社員たちが温和な顔つきでお客様に接し、和やかな気分になってほしいという願いが込められていたらしい。

f:id:tar0xtar0:20220215152422j:plain

 

 

三菱一号館美術館の赤煉瓦の建物は、三菱が1894年(明治27年)に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。

 

三菱一号館は、三菱が丸の内に建設した初めての洋風事務所建築で、19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられていた。

老朽化のために1968年(昭和43年)に解体されたものを、当時の製造方法や素材まで忠実に復元し、2009年4月30日に竣工。

 

コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心に、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックオディロン・ルドン、フェリックス・ヴァロットン等の作品を収蔵している。

 

館内には、三菱一号館の復元の経緯や丸の内の歴史を伝える「歴史資料室」や「三菱センターデジタルギャラリー」を併設。運営は三菱地所(株)。

三菱センターデジタルギャラリーは、静嘉堂文庫・静嘉堂文庫美術館東洋文庫に収蔵されている三菱ゆかりの貴重な名品を高精細デジタル画像で収録し、公開している。

 

 

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂は、1892年(明治25年)に岩﨑彌之助(彌太郎の弟で三菱第二代社長)よって神田駿河台に創設され、国宝7点を含む古典籍や東洋古美術品を収蔵している。

静嘉堂の側にはジョサイア・コンドル設計の岩崎家廟(納骨堂)もあり、外観を見学することができるらしい。

 

静嘉堂の名称は、中国の詩経(大雅・既酔)の「籩豆静嘉」(へんとうせいか)という句から採った彌之助の堂号で、「祖先の霊前への供物が美しく(立派に)整う」という意味。

 

2022年は、静嘉堂創設 130 周年・美術館開館 30 周年を迎える節目の年。

その2022年10月に、静嘉堂文庫美術館は東京・丸の内の重要文化財明治生命館1階に移転・オープンする。

 

公益財団法人 東洋文庫

東洋文庫ミュージアムを訪れた時の記事

 

 

 

過去の博物館・美術館

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則(東京国立近代美術館)

隈研吾新しい公共性をつくるためのネコの5原則

Kuma Kengo: Five Purr-fect Points for a New Public Space

 

「人が集まる場所」のための独自の方法論を5原則の形で紹介していた。

「孔」、「粒子」、「ななめ」、「やわらかい」、「時間」

 

4つ目まで見たときに最後の1つを「光」と予想したが全然外れ。

浅草のは一昨日見たはずだが、わからなかった。

 

隈研吾の建築模型の他、ネコの視点から都市での生活を見直す「東京計画2020ニャンニャンネコちゃん建築の5656ゴロゴロ原則」などがあった。

 

隈研吾は1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立。

和の大家とも呼ばれ、その土地の環境や文化に溶け込む建築を手掛けているよう。

国立競技場、高輪ゲートウェイ駅、明治神宮ミュージアム日本平夢テラス、浅草文化観光センター、スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店、長崎県美術館など、行ったことがあるものが多数ある。

 

 

見終わってから、徒歩約10分で大手町の自衛隊大規模接種センターへ。

 

接種後、少し腕に違和感があるような気のせいのような。

経過観察を除けば15分くらいで終わった。

経過観察もみんな普通に待機して帰っているように見えた。

職員(スタッフ)の方が丁寧に親しみやすく対応してくれて有り難かった。

 

 

 

過去の博物館・美術館

浅草

隅田川公園を散策。

f:id:tar0xtar0:20220213225030j:plain

 

今日のホテルは、浅草東武ホテル

ダブルAルーム16㎡。f:id:tar0xtar0:20220213225015j:plain

 

デザートは亀十のどら焼き。

f:id:tar0xtar0:20220213225045j:plain

 

翌日、浅草寺へ。

聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト

f:id:tar0xtar0:20220213225000j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213224944j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213225059j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213224930j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213225114j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213225128j:plain

 

 

以前、浅草を訪れた時の記事。

HafH(ハフ)でTHE LIVELY東京麻布十番

HafH(ハフ)という宿泊施設のサブスクリプションサービスに登録したので、お試しで利用。

HafH(ハフ)- 便利でお得な旅のサブスク

 

上記、友達招待URLからの登録特典の他にも、以下の特典がある。

会員登録特典100コイン

アンケート回答特典100コイン

初回予約特典50コイン

初回滞在特典50コイン

 

プランは3,000円/月のものを選択。

宿泊したのは、THE LIVELY東京麻布十番

ライブリーダブル20㎡。

必要なコインは300。

f:id:tar0xtar0:20220213213830j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213213846j:plain

 

デザートにbeillevaire(ベイユヴェール)麻布十番でスフレバーガーフロマージュを購入。

f:id:tar0xtar0:20220213213901j:plain

 

夕食は、あべちゃんの焼き鳥と浪花家総本店のたい焼き。

ホテルでビールが一本もらえた。

f:id:tar0xtar0:20220213213917j:plain

f:id:tar0xtar0:20220213213811j:plain

植物 地球を支える仲間たち(国立科学博物館)

f:id:tar0xtar0:20210712142104j:plain


2021年7月10日~9月20日の間、国立科学博物館で、特別展「植物 地球を支える仲間たち」が開催されている。

 

展覧会のみどころ

驚きの生存戦略、植物の謎に迫る!!

 

光合成という、太陽エネルギーから有機物を作り出す能力を手に入れたことで、地球上の生命にとってなくてはならない存在となった植物。

私たち人間と同じ原始的な生命体から進化し、今や地球上の多種多様な環境に生育する最も成功している生物群と言えます。

ともすれば動物と違い、じっとしていて動きのないイメージがありますが、最先端の科学研究によって私たちの想像を超えるアクティブな生態が明らかになってきました。

 

本展は、植物を総合的に紹介するこれまでにない大規模な展覧会です。標本や模型、映像、インスタレーション展示 などを活用し、その驚きの実像や魅力に迫ります。

 

 

鳥獣戯画のチケットは入場が1時間刻みの設定だったが、今回は30分刻みだった。

また、国立博物館は特別展を見る前でも常設展を見れたが、科学博物館は特別展の後でしか常設展を見れなかった。

 

一番興味深かったのは、アングレカム・セスキペダレという蘭と、その蜜を吸う蛾の展示。

アングレカム・セスキペダレは20~35cmの長い管のようなもの(距というらしい)を持ち、その奥に花粉だか蜜だかがある。

そのような長い管の奥に花粉・蜜があるということは、そこに届く口を持つ虫がいるはずだと、ダーウィンは推測し、ダーウィンの死後にキサントパンスズメガという長い口を持つ蛾が発見された。

そのため、アングレカム・セスキペダレは「ダーウィンの蘭」とも呼ばれる。

 

他にも、直径約90cm世界最大の花ラフレシアの実寸大模型(常設展にもあった)、食虫植物が虫を食べる映像、世界で初めて開発に成功した青いキクもあった。

f:id:tar0xtar0:20210712130947j:plain

 

最後に、虫を誘うために強烈な香りを放つショクダイオオコンニャクの香りを嗅げるコーナーがあったので嗅いでみたが、香りがよくわからず残念。

ショクダイオオコンニャクも高さ3mを超える世界最大級の花を咲かせ、開花時にその強烈な香りを放つが、数年に一度しか咲かない。

 

ミュージアムショップも可愛らしい商品が多かったが、凄く混んでいた。

 

 

植物展を出て、日本館と地球館へ。

日本館には、ハチ公、ジロの剥製がいた。

f:id:tar0xtar0:20210712131003j:plain

 

地球館は、剥製がずらりと並ぶヨシモトコレクションが感動的。

ヨシモトコレクション >> 標本・資料データベース :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

f:id:tar0xtar0:20210712131020j:plain

 

恐竜の化石もたくさんあった。

科学博物館は初めてだったが、是非また来たい。

 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

f:id:tar0xtar0:20210712131039j:plain

 

 

夕食は上野マルイのマトリョーシカで、ハンバーグセット。

つぼ焼きも美味しそうだった。

 

 

 

過去の博物館・美術館

泉岳寺

f:id:tar0xtar0:20210712145418j:plain

前日、都シティ東京高輪に宿泊。
デラックスキングダブル20㎡(バス・トイレ別)。

都シティ 東京高輪 | 東京

f:id:tar0xtar0:20210712145356j:plain



ゲストラウンジでは、17:00~20:00(アルコールは19:00まで)の間、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、オリジナルレモネードなどの飲料や、おかきやクッキーなどのお菓子が無料で貰えた。


朝食はアトレ品川にあるサラベス品川店で、クラシックエッグベネディクト

f:id:tar0xtar0:20210712145409j:plain

サラベスは、ニューヨークの朝食の女王(Breakfast Queen of New York)と言われ、サラベス・レヴィーン(Sarabeth Levine)が1981年にニューヨークのアッパーウェストに1号店をオープンしたことに始まる。
ニューヨークで一度行ったことがあるが、日本では初めて。



雨の中歩いて、泉岳寺へ。

曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺

f:id:tar0xtar0:20210712145452j:plain


泉岳寺は、1612年(慶長17年)に徳川家康が外桜田(現在の警視庁の近く)に創立した寺院で、1641年(寛永18年)の寛永の大火による焼失後に現在の高輪の地に移転してきた。
赤穂義士のお墓があることで有名。

中門を通って、大石内蔵助良雄銅像を見て、山門から入る。
首洗い井戸と呼ばれる、義士が吉良上野介の首を洗った井戸がある。

f:id:tar0xtar0:20210712145435j:plain

赤穂義士墓地に行くと、「拝観料は不要だが、お線香代300円は必要。」と言われた。
名目が違うのはわかるが300円かかるなら、「拝観料は不要」の部分は何か違う気がする。
赤穂義士記念館は入らなかった。


最後にエキュート品川でお土産を購入。
菓匠雅庵のわらび餅と、テラ・セゾンのチーズフォンデュケーキ。