国内旅行 東京・神奈川

迎賓館赤坂離宮・游心亭

にょろ助赤坂で、うな重並と肝吸。 にょろ助 赤坂 | 際コーポレーション 丸ノ内線で赤坂見附から四ツ谷まで行き、迎賓館赤坂離宮へ。 迎賓館赤坂離宮のホームページの説明 『迎賓館赤坂離宮は、明治42年に東宮御所として建設された、日本では唯一のネオ・バ…

浅草

前日、リッチモンドホテル プレミア浅草に宿泊。 シングルルーム18㎡。 霜降りRED CLIFFでレッドクリフを食べる。 【オープニングキャンペーン開催】2021年7月15日、霜降りRED CLIFFがOPEN – Dr. Meat デザートは、浅草九重のあげまんじゅう。 あげまんじゅ…

神田明神・湯島聖堂

ホテル八重の翠東京からスタート。 庭園(?)からの景色。 11時07分に八丁堀駅発の日比谷線に乗り、銀座で丸ノ内線に乗り換え、11時22分に淡路町駅に到着。 季の庭 別邸 神田店で、鰻重を食べる。 (株)共立メンテナンスの「株主様お食事券」を利用。 春夏秋…

旧芝離宮恩賜庭園・浜離宮恩賜庭園

大門駅から芝離宮恩賜庭園へ。 電車内でネット予約済み。 旧芝離宮恩賜庭園|公園へ行こう! 園結びチケットという旧芝離宮恩賜庭園と浜離宮恩賜庭園の共通券を購入。 非売品の園結びガイドブックを貰えた。 この時に行こうとしたが、芝離宮、浜離宮のどちら…

三菱の至宝展(三菱一号館美術館)

三菱の起源は1870(明治3)年に岩崎彌太郎が土佐藩から藩船3隻を借り受け、大阪に九十九(つくも)商会を設立したことに始まる。 2020年は三菱グループ創業150周年。 コロナによる約一年の延期を経て、三菱一号館美術館で開催されている「三菱創業150周年記…

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則(東京国立近代美術館)

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 Kuma Kengo: Five Purr-fect Points for a New Public Space 「人が集まる場所」のための独自の方法論を5原則の形で紹介していた。 「孔」、「粒子」、「ななめ」、「やわらかい」、「時間」 4つ目まで見た…

浅草

隅田川公園を散策。 今日のホテルは、浅草東武ホテル。 ダブルAルーム16㎡。 デザートは亀十のどら焼き。 翌日、浅草寺へ。 聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト 以前、浅草を訪れた時の記事。

HafH(ハフ)でTHE LIVELY東京麻布十番

HafH(ハフ)という宿泊施設のサブスクリプションサービスに登録したので、お試しで利用。 HafH(ハフ)- 便利でお得な旅のサブスク 上記、友達招待URLからの登録特典の他にも、以下の特典がある。 会員登録特典100コイン アンケート回答特典100コイン 初回…

植物 地球を支える仲間たち(国立科学博物館)

2021年7月10日~9月20日の間、国立科学博物館で、特別展「植物 地球を支える仲間たち」が開催されている。 展覧会のみどころ 驚きの生存戦略、植物の謎に迫る!! 光合成という、太陽エネルギーから有機物を作り出す能力を手に入れたことで、地球上の生命にと…

東洋文庫ミュージアム・六義園・小石川後楽園

駒込駅から歩いて、東洋文庫ミュージアムへ。 ミュージアム - 公益財団法人 東洋文庫 東洋文庫は1924年に三菱第3代当主岩崎久彌が設立した、アジアの歴史と文化に関する東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館。アジア最大の東洋学センターであり、世界5…

国宝 鳥獣戯画のすべて(東京国立博物館)

2021年4月13日~6月20日の間、東京国立博物館で、特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」が開催されている。 (当初は5月30日までの予定だったが、コロナウイルスによる休館を終えて、会期を延長。) 開催趣旨 国宝「鳥獣戯画」は、擬人化した動物たちや人びとの営…

明月院・円覚寺・建長寺

紫陽花の季節、鎌倉へ。鎌倉市観光協会 | 時を楽しむ、旅がある。~鎌倉観光公式ガイド~ まずは、明月院。6月は土日が終日閉門のよう、知らなかったが平日で助かった。明月院ブルーの紫陽花が満開で、本堂後庭園の花菖蒲も綺麗だった。去年より人が多かった…

三渓園・山手西洋館

横浜駅を10時46分発のバスで約40分、三渓園入口へ。 三溪園 https://www.sankeien.or.jp/ 三溪園は生糸貿易により財を成した実業家の原三溪(富太郎)によって、1906年に公開された日本庭園。 約175,000㎡の園内に京都や鎌倉などから移築された歴史的建造物1…

赤坂氷川神社

赤坂氷川神社 https://www.akasakahikawa.or.jp/ 赤坂氷川神社は951年に創祀され、徳川吉宗が現在の地に現在の社殿を建立するように命じた。 安政の大地震、関東大震災、東京大空襲の被災を免れ、江戸時代のままの姿を残しているらしい。 勝海舟は付近に屋敷…

浅草・隅田川公園・築地本願寺

前日、夕方だったためか行列がなかったので、亀十でどら焼きを購入。東京三大どら焼きの一つとも言われ、職人がその日の気温と湿度に合わせて調節しながら手ごねして作り上げる生地はパンケーキのようなふわふわな食感で、餡の上品な甘さとの相性も抜群だそ…

寛永寺・浅草

今日の目的地は、江戸時代の天台宗三大本山の一つ、東叡山 寛永寺。(他は比叡山と日光山)1625年(寛永2年)に天海によって江戸城の鬼門(東北)にあたる上野に建立された。これは平安時代に最澄が開いた比叡山延暦寺が京都御所の鬼門に位置したことに倣っ…

増上寺・徳川将軍家墓所

大門駅から歩いて、芝大神宮に向かう。 芝大神宮は1005年(一条天皇の時代)に創建され、伊勢神宮の天照大御神(内宮)と豊受大神(外宮)を主祭神としてお祀りしているため「関東のお伊勢さま」とも呼ばれるらしい。 大門を通り、三門から、浄土宗大本山 増…

浅草寺

まずは鰻やっこで、うな重ランチを食べる。 創業は200年以上前の寛政年間(1789~1801年)で、11代将軍 徳川家斉の頃らしい。 勝海舟とジョン万次郎の2人が連れ立って来たり、夏目漱石の「虞美人草」などに登場したりしたよう。 雷門から仲見世通りを歩いて…

乃木神社

乃木神社は、名前の通り、乃木将軍夫妻(乃木希典、乃木静子)を祀る。 乃木希典は陸軍大将や学習院長、迪宮裕仁親王(昭和天皇)の教育係を務め、1912年9月13日の大喪の日に明治天皇の後を慕って殉死した。 乃木将軍の葬儀と同時に幽霊坂と呼ばれていた坂の…

寒川神社

相模國一之宮で、全国唯一の八方除の守護神として約1600年の歴史を持つ神社。 具体的な年代はわかっていないが、総国風土記によると雄略天皇の時代には存在していたよう。 ホームページによると、八方除とは地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての禍…

レンブラントホテル海老名 海老名の朝食

朝食ブッフェ「海老名の朝食」が有名なようなので、かながわ県民割を利用して宿泊。 エクスクルーシィヴフロア 禁煙シングル18㎡、専用アメニティ付き。 食事は、日本料理「四季」限定メニュー『鰤しゃぶ御膳』×『海老名の朝食』。 レンブラントホテル海老名…

氷川丸・日本郵船歴史博物館・ヨルノヨ

正午頃に馬車道駅に着き、ハンマーヘッド(横浜ハンマーヘッド新港ふ頭ターミナル)に寄ってから、赤レンガ倉庫に行く。 横浜赤レンガ倉庫は、明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物。12月4日から12月25日まで「Chris…

東郷神社・明治神宮

原宿駅近くの東郷神社へ。 名前の通り、御祭神は東郷平八郎。 昭和9年に亡くなった際、神社にお祀りしてほしいとの要望と献金が全国各地から集まり、それに応えて財団法人東郷元帥記念会が設立され、国民からの浄財によって神社が創建されたよう。 東郷平八…

明治神宮

久々に明治神宮に行ったら、鎮座百年祭記念展「永遠の杜のものがたり」として神宮の歴史に関する展示があった。 明治神宮は1920年 (大正9年)11月1日に創建され、2020年 (令和2年)11月1日に鎮座百年祭を迎える。 「はじめの百年。これからの千年。―まごころを…

鎌倉4 報国寺・瑞泉寺・妙法寺

日帰り鎌倉旅行(全4回)、4日目。 (神奈川県在住のため県内の移動) いざ、鎌倉4! 鎌倉駅から京急バスに乗り、浄妙寺で下車。 最初は、竹の庭が有名な報国寺。 次は、鎌倉五山第五位の浄妙寺。 6月5日の鎌倉観光初日に一位~四位に参拝したので、これで鎌…

鎌倉3 光明寺・九品寺・安国論寺

日帰り鎌倉旅行(全4回)、3日目。 (神奈川県在住のため県内の移動) いざ、鎌倉3! 鎌倉駅から京急バスで約15分、光明寺へ。 「光明寺浦山の展望」は、「かながわの景勝50選」というものに選ばれている。 しかし、その石碑がある場所からの景色は、かつて…

鎌倉2 長谷寺・高徳院・江の島

日帰り鎌倉旅行(全4回)、2日目。 (神奈川県在住のため県内の移動) いざ、鎌倉2! 江ノ電の長谷駅から、長谷寺へ。 あじさい路は事前申込制だったが、今日は当日券もあったよう。 事前申込は往復葉書のみだったので、何故かと思ったが、神奈川県在住の人…

鎌倉1 明月院・円覚寺・建長寺

日帰り鎌倉旅行(全4回)、1日目。 (神奈川県在住のため県内の移動) いざ、鎌倉! 北鎌倉駅から、明月院へ。 9時開門のところ8時45分くらいに着くと、約20人の行列。 予定より10分早く、8時50分頃に開門。 放送によると、開門待ちの時に密を避けるためらし…

出雲と大和(東京国立博物館)

東京国立博物館へ。 2020年1月15日(水)~2020年3月8日(日)の間、日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」が開催されている。 2020年(令和2年)は、日本最古の正史「日本書紀」が編纂された720年(養老4年)から1300年。 日本書紀の国譲り神話によると…

乾通り・大嘗宮・三の丸尚蔵館

大嘗祭は,稲作農業を中心とした我が国の社会に古くから伝承されてきた収穫儀礼に根ざしたものであり,天皇が即位の後,初めて,大嘗宮において,新穀を皇祖及び天神地祇にお供えになって,みずからもお召し上がりになり,皇祖及び天神地祇に対し,安寧と五…